2007年07月15日

李秀成

李秀成 能力データ
魅力 5 / 統率力 7 / 戦闘力 5 / 政治力 5 / 知力 5

李秀成は、太平天国晩年、幹部の殺し合いの挙句、重鎮石達開も離脱した後、陳玉成と共にボロボロの太平天国を支えた人物。
太平天国全盛時には、李秀成は軍事を掌握し忠王にまで昇りつめるが、やがて清朝が諸外国の援助を得て太平天国を追い詰めると、首都南京の落城間近に天王洪秀全は自殺。そこで李秀成は南京が陥落すると洪秀全の息子を抱いて脱出するが捕縛され、命乞いをするものの処刑された。
何とも最後の最後で自身の評価を下げてしまった残念な人物。
posted by ただの中国史好き at 14:21 | Comment(0) | 清時代

劉永福

劉永福 能力データ
魅力 7 / 統率力 9 / 戦闘力 7 / 政治力 2 / 知力 6

劉永福は、貧農の家に生をうけ、両親と共に流浪・放浪生活を送るが、父に教わった武芸をもって両親の死後21歳の時に太平天国(天地会)へ身を投じる。

太平天国の乱終了後、劉永福は逃亡生活を送ってやがてベトナムに渡って傭兵生活を過ごした後、独立して黒旗軍を組織。その黒旗軍を率いて時にベトナム朝と協力して侵略して来た圧倒的な戦力をもつフランス軍を白兵戦の末に撃破。総司令官ガルニエ将軍を戦死させる。その10年後、フランス軍は再び大挙してベトナムに侵攻。だがまたしても劉永福によって全滅させられ、司令官リヴィニール将軍が戦死。
この活躍に当時の日本も諸葛亮楠木正成を合わせた戦術の天才と誉め称え、劉永福はアジアの英雄となる。その後、劉永福は台湾防衛司令官となって日本軍と戦うが、清朝の命によりやむなく撤退。暫くして息をひきとった。
posted by ただの中国史好き at 14:06 | Comment(2) | 清時代
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。