2007年08月19日

鄭和

鄭和 能力データ
魅力 7 / 統率力 9 / 戦闘力 6 / 政治力 6 / 知力 7

鄭和は、成祖永楽帝に燕王時代から仕えた雲南地方出身の代々イスラム教徒で偉丈夫な宦官であった。
永楽帝の命により、前後7回、30年間に渡る大航海を鄭和は成し遂げ、東南アジア〜インド洋〜アラビア半島〜アフリカ東海岸にまで数十の大船に2万名の隊員を乗せた大艦隊を率いて到達、現地各国の政治に介入したり、海賊を撃退する。この大艦隊の規模たるや、船自体の大きさがあのスペインの無敵艦隊の船の5倍だったといわれ、如何に大規模な艦隊を率いていたか、鄭和の統率力の高さがうかがえる。

日本で習う世界史では、インド航路の発見はヴァスコ・ダ・ガマと記されているが、史実はヴァスコ・ダ・ガマは自力ではアフリカ東海岸のマリンディまでしか行っておらず、そこから先はアラブ海上商人の船に乗せてもらって辿り着いただけで、過大評価され過ぎている。
中国から遥かアフリカ東海岸まで海を埋め尽くす様な大船団と大船員を率いて辿り着いた鄭和とは、比べる事すら失礼な差と言えるだろう。

鄭和は世界最高の都督、船長と言って差し支えない偉大なる人物である。
posted by ただの中国史好き at 16:14 | Comment(4) | 明時代
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。