2012年02月25日

カイドゥ

カイドゥ 能力データ
魅力 8 / 統率力 7 / 戦闘力 8 / 政治力 5 / 知力 5

カイドゥはチンギス・ハーンの三男オゴデイの五男カシの子。
30年以上にわたってモンゴル皇帝(大ハーン)フビライ率いる元朝と対立、中央アジア以西のモンゴル諸勢力のモンゴル皇帝権力からの分離独立を決定付け、13世紀の後半に中央アジアに独立王国を建設した。いわゆるカイドゥの乱である。
カイドゥの属するオゴデイ家一門は、モンゴル帝国の第3代皇帝であったグユクが亡くなると、第4代皇帝となったモンケの一門トゥルイ家に帝位を奪われ、ジュンガリア地方(現在の中国新疆ウイグル自治区北部)エミル川流域の所領(ウルス)は没収されなかったものの、有力者が追放されるなど厳しい圧迫を加えられた。これに不満をもったカイドゥは、1259年にモンケが急死しその弟フビライとアリクブカが後継者争いを始めるとアリクブカに与し、この内紛がアリクブカの敗北に終わると入朝して帰順するよう要求するフビライの求めを拒否。この混乱の間にカイドゥはオゴデイ家内での権力を掌握し、西北モンゴリアにいたフビライ配下の軍を攻撃し反抗の意図を明確にする。
これにより、西南で境を接するチャガタイ家のウルス(チャガタイ・ハン国)で権力を掌握したバラクとマーワラーアンナフル(現在のウズベキスタン)にある肥沃なモンゴル皇帝直轄領の支配権横領をめぐって争うが、1269年にバラク及び西北ジュチ・ウルス(キプチャク・ハン国)の代表者と会盟、マーワラーアンナフル領を両家で分割するとともに、共同してフビライへ反旗を翻すことを決する。

1270年、チャガタイ家のバラクはイランに侵攻するが、イルハン朝の君主でありフビライの甥アバカにカラ・スゥ平原の戦いで敗れて勢力を失い、カイドゥはバラクの後継者に自らの推すニグベイを立てるが間もなく反抗した為に戦死させる。これによりチャガタイ家の権力が空白となり、カイドゥはバラクの遺児ドゥアを擁立してチャガタイ・ウルスを自らのオゴデイ・ウルスの支配下に置くことに成功する。
一方、国号を大元としていたフビライは同年自身の四男ノムガン率いる軍を中央アジアに派遣、チャガタイ家の本拠地アルマリクを占領。しかし、この軍に参加していたモンケの遺児であるシリギが反乱を起こしカイドゥと結び、ノムガンを捕えてカイドゥに引き渡す。シリギの乱はフビライによって直ぐに鎮圧されたが、ノムガンの率いた元の中央アジア駐留軍は解体、アリクブカの遺児メリク・テムルらモンゴリア東部にいた王族・貴族がカイドゥの下に投じた。
これにより、カイドゥの支配地域はジュンガリアのオゴデイ・ウルスを中心に、東はアルタイ山脈東麓のアリクブカ家のウルス、北はトゥヴァ地方のオイラト部族、西はイリ川流域のチャガタイ・ウルスからトランスオクシアナに至り、アム川でイルハン朝と境を接する広大な領土に広がる。このカイドゥが実効支配した領域は「カイドゥ王国」「カイドゥ・ハーン国」「カイドゥ・ウルス」等と呼ばれる。

1287年、チンギス・ハーンの弟テムゲ・オッチギンの子孫でモンゴリア東部を支配する元の貴族ナヤンがフビライの日本遠征政策に不満をもち、カチウン家、ジュチ・カサル家など他の東方三王家を率いて反乱を起こすとカイドゥはこれに呼応、カラコルムを攻略するべく西からモンゴリアに侵攻するが、バヤン率いる元のモンゴリア駐留軍に阻まれる。やがてフビライは親征に出てナヤンを敗死させ、更にカラコルムに出兵したためカイドゥは軍を退き、フビライ打倒は失敗に終わる。
フビライが病没し、テムルが大ハーン位を継ぐと、元の政権安定を見てカイドゥの許から元に投降する者が続出。カイドゥはこれを食い止め、決戦に臨むため1300年に中央アジアの諸勢力の総力を挙げて出征、カラコルムの戦い、タミールの戦いのいずれも元軍の迎撃の前に大敗し、その時の戦いで負った戦傷がもとで間も無く死亡した。
カイドゥの死後、以前にチャガタイ家にカイドゥが据えていた傀儡当主のドゥアが中央アジアの最高実力者にのし上がり、カイドゥの遺児チャパルを追ってオゴデイ家を併合することになる。
posted by ただの中国史好き at 11:11 | Comment(0) | 元時代
2012年01月14日

テムル

テムル 能力データ
魅力 4 / 統率力 5 / 戦闘力 4 / 政治力 5 / 知力 4

テムルはモンゴル帝国第6代皇帝であり、大元ウルスの君主としては第2代大ハーン。
世祖フビライの次男チンキムの三男。父がコンギラト氏出身の正夫人ココジンとの間に儲けた3人の嫡子のうち末子にあたる。父で皇太子のチンキム、祖父フビライに寵愛されていた次兄ダルマバラが相次いで早世した為、フビライの晩年にその後継者の最有力候補となった。
1293年、モンゴル高原に駐留して中央アジアのカイドゥの侵攻に備えていた将軍バヤンがフビライに召還されると、代わりにモンゴル高原駐留軍の司令官に任命され、皇太子の印璽を授けられる。翌年フビライが没すると上都でクリルタイが開かれ後継者が議され、監国として後継者選定を主導する母ココジンや、知枢密院事として軍事権を掌握していたバヤンは一致してフビライによって皇太子に指名されていたテムルを推し、テムルが長兄カマラを抑えてモンゴル皇帝(大ハーン)に即位した。

テムルが即位すると高原に対するカイドゥの侵攻はますます強まった為、兄の晋王カマラに加えて従兄弟の安西王アナンダを始めとする大軍を高原に送り込む。それでも元軍はカイドゥの軍に敗戦を重ねたものの、次第にカイドゥ勢力の行く末を見限った高原西部の王族・貴族が元に投降し始める。これに焦りを深めたカイドゥは配下のオゴデイ家とチャガタイ家の諸王の悉くを動員、全力を挙げて高原に侵攻するが、テムルは甥のカイシャンらを追加派遣してこれにあたり、元軍はカラコルムとタミールで行われた2度の戦いでカイドゥ軍を大いに破る。カイドゥが戦傷がもとで間も無く没したのを機に、チャガタイ家の当主ドゥアはオゴデイ家を継いだカイドゥの息子チャパルを説得してテムルに服属を申し出た。テムルは服従を承認し、フビライ即位時の内乱以来分裂状態にあったモンゴル帝国に45年ぶりの平和統合がもたらされたのである。

テムル政権ではフビライの財政制度を踏襲。テムルの後ろ盾であった将軍バヤンはテムルの即位後間も無く亡くなったが、父チンキムの莫大な遺産を管理する母ココジンがテムルをよく支える。だが、テムルは飲酒と荒淫の悪癖があり次第に病気がちとなってチャパル等との和平を受け入れた頃にはほとんど病床で政務を執ることが出来無くなっていた。宮廷では1300年にココジンが亡くなってからはテムルの皇后ブルガンが勢力を持ち、テムルの代理として政務を取り仕切って権勢を振るう。
1301年に、元寇の弘安の役の江南軍司令官の范文虎(賈似道の婿)をはじめ、将校の雌ソ彪、王国佐、陸文政らの罪状を、僅かに生き残った将兵が「自分達を見捨てて逃げ帰った」と告訴。このことを耳にしたテムルは激怒し、皇后ブルガンと共に徹底的な調査を命じる。范文虎は妻の賈氏をはじめ家族と共に斬首、雌ソ彪、王国佐、陸文政の一家も皆殺しの刑に処された。
やがてテムルが没すると、ブルガンとその反対派の間で政変が起こることになる。
posted by ただの中国史好き at 23:36 | Comment(2) | 元時代
2012年01月11日

フビライ

フビライ 能力データ
魅力 7 / 統率力 8 / 戦闘力 5 / 政治力 9 / 知力 9

フビライはチンギス・ハーンの四男トゥルイが正夫人ソルコクタニ・ベキとの間に設けた4人の嫡出子のうちの次男にあたるモンゴル帝国第5代皇帝(大ハーン)。兄に第4代皇帝となったモンケ、弟にイルハン朝を開いたフレグ、フビライとモンゴル皇帝位を争ったアリクブカがいる。
兄モンケが大ハーンの座に就くと、ゴビ砂漠以南の南モンゴル高原、華北における諸軍の指揮権を与えられ、中国方面の領土の征服を委ねられる。翌年には難行軍の末に雲南を支配する大理国を降伏させた。雲南からの帰還後は金の旧都である中都(現在の北京)の北、南モンゴル(現在の内モンゴル自治区)中部のドロン・ノールに幕営(オルド)を移し、後方から江南の南宋および朝鮮半島の高麗征服の総指揮を採る。ここに遊牧宮廷の補給基地となる都城の開平府(後の上都)を築き、姚枢ら漢人のブレーンを登用して中国を安定して支配する道を模索。しかし、南宋を早急に併合することを望む大ハーンのモンケはフビライの慎重策に不満を持ち、南宋への戦線を自らの陣頭指揮により行うことを決してフビライを作戦責任者から更迭した。自ら陝西に入って親征を開始したモンケは、河南から四川の南宋領を転戦したが、軍中で流行した疫病に罹って病死した。

モンケの急死により、モンケの年若い息子達にかわって3人の弟達が後継者となる可能性が生じた。三弟のフレグは遠くイランにおいて西アジアの征服事業を進めていた為、皇帝位を巡る争いは次弟のフビライと末弟のアリクブカとなった。アリクブカはこの時、首都カラコルムにおいてモンケの留守を守っており、モンケの重臣達やモンゴル高原以西の諸王・諸部族はアリクブカの支持に回った一方で、フビライはモンケが死んだ時に長江の中流域で転戦していた為、前線の中国に駐留する諸軍団やモンゴル高原東部のモンゴル貴族、王族を味方につけた。
1260年、フビライの本拠地ドロン・ノールでフビライ支持派によるクリルタイが開かれ、フビライの大ハーン即位を一方的に宣言。アリクブカもこれに対抗して大ハーン即位を宣言し、2人の大ハーンが並び立つ南北分裂に発展するが、精強な東部諸部族を味方につけたフビライ側が緒戦のシトム・ノールの戦いに勝利、早々に中国と高原の大半を制覇した。一方のアリクブカは一時は高原中央部のカラコルムを取り戻すが、中国を押さえるフビライが行った経済封鎖によって自給のできないカラコルムはたちまち危機に陥り降伏、フビライが単独の皇帝となったのである。

フビライは即位すると、モンゴル王朝で初めての中国風元号を立て、漢人官僚を集めた行政府である中書省を新設。中書省には六部が置かれて旧来の尚書省の機能を兼ねさせ、華北の庶政を取り仕切る最高行政機関とした。続いて軍政を司る枢密院、監察を司る御史台などの諸機関が相次いで設置され、中国式の政府機関が一通り整備された。
アリクブカとの内紛の最中には山東を支配する漢人軍閥が反乱を起こして窮地に陥ったが、この鎮圧をきっかけとして華北各地を支配していた在地軍閥を解体。地方には路・州・県の三階層の行政区が置かれて中都の郊外には中国式の方形様式を取り入れた都城大都の建造を開始、国号は「大元」と改められた。
又、チベット仏教の僧パスパを国師として仏教を管理させ、モンゴル語を表記する文字としてパスパ文字を制定させるなど、モンゴル独自の文化政策を進める。

軍事的にはアリクブカの乱以来、中央アジアのオゴデイ家とチャガタイ家が大ハーンの権威から離れ、本来は大ハーンの直轄領であった中央アジアのオアシス地帯を横領、更にフビライに従う甘粛方面の諸王や天山ウイグル王国を圧迫し始めたので、フビライはチャブイ夫人との間に設けた3人の嫡子チンキム、マンガラ、ノムガンをそれぞれ燕王、安西王、北平王に任じて方面ごとの軍隊を統括させ、独立性をもたせて事態にあたらせた。安西王マンガラはフビライの旧領京兆を中心に中国の西部を、北平王ノムガンは帝国の旧都カラコルムを中心にモンゴル高原をそれぞれ担当し、燕王チンキムには中書令兼枢密使として華北および南モンゴルに広がる元の中央部分の政治と軍事を統括させて、フビライは3子率いる3大軍団の上に君臨。
1276年には将軍バヤン率いる大軍が南宋の都杭州を占領、南宋を実質上滅亡させその領土の大半を征服(モンゴル・南宋戦争)。この前後にフビライはイスラム教徒の財務官僚を登用、専売や商業税を充実させ、運河を整備して中国南部や貿易からもたらされる富が大都に集積されるシステムを作り上げ、モンゴル帝国の経済的な発展をもたらした。これにともなって東西交通が盛んになり、フビライ治下の中国にはヴェネツィア出身の商人マルコ・ポーロ等、多くの西方の人々(色目人)が訪れた。

又、高麗で起こった三別抄の反乱を鎮圧、ビルマのパガン王朝を滅亡させ、一時的に東南アジアにまで勢力を拡大する。しかし日本への2度の遠征(元寇)や、樺太アイヌ、ベトナム陳朝やチャンパ王国、ジャワ島マジャパヒト王国等への遠征は現地勢力の激しい抵抗を受け敗退した。
中央アジアに対しては、モンゴル高原を支配する四男の北平王ノムガンがチャガタイ家の首都アルマリクを占領することに成功したが、翌年モンケの遺児シリギをはじめとするモンケ家、アリクブカ家、コルゲン家など、ノムガンの軍に従軍していた王族たちが反乱を起こす。司令官ノムガンは捕らえられてその軍は崩壊、これをきっかけにオゴデイ家のカイドゥが中央アジアの諸王家を統合して公然とフビライに対抗し始めた。
フビライは南宋征服の功臣バヤン率いる大軍をモンゴル高原に振り向けてカイドゥを防がせたが、即位時の支持母体であった高原東方の諸王家がオッチギン家の当主ナヤンを指導者として叛く。老齢のフビライ自身がキプチャクやアス、カンクリの諸部族からなる侍衛親軍を率いて親征し、遼河での両軍の会戦で勝利。ナヤンは捕縛・処刑され、諸王家の当主たちも降伏してようやく鎮圧した。フビライは東方三王家であるジュチ・カサル家、カチウン家、テムゲ・オッチギン家の当主たちを全て挿げ替える。カイドゥはこの混乱をみてモンゴル高原への進出を狙ったが、フビライは翌年直ちにカラコルムへ進駐しカイドゥ軍を撤退させた。

フビライの政権が長期化すると、行政機関である中書省と軍政機関の枢密院を支配して中央政府の実権を握る燕王チンキムの権勢が増し、皇太子に冊立される。一方、アフマドも南宋征服を経て華北と江南の各地で活動する財務官僚に自身の党派に属する者を配置したのでその権力は絶大となり、やがて皇太子チンキムの党派とアフマドの党派による反目が表面化。アフマドはチンキムの党派に属する漢人官僚によって暗殺され、皇太子派が最終的な勝利を収めたことによりフビライに対して皇太子への譲位を建言する者すら現われたが、チンキムは1285年に病死してしまった。
一方、カイドゥのモンゴル高原に対する攻撃はますます厳しくなり、元軍は敗北を重ねる。外征を支えるためにフビライが整備に心血を注いだ財政もアフマドの死後は度重なる外征と内乱によって悪化する一方で、フビライの末年には元は外征と財政難に追われて日本への3度目の遠征計画も放棄せざるを得なかった。
その後、フビライは高原の総司令官バヤンを召還し、チンキムの子である皇太孫テムルに皇太子の印璽を授けて元軍の総司令官として送り出したが、翌年に大都宮城の紫檀殿で病没。遺骸は祖父チンギス・ハーン以来歴代モンゴル皇帝と王族たちの墓所であるモンゴル高原の起輦谷へ葬られた。同年、フビライの後継者となっていた皇太孫テムルが上都で即位するが、その治世下でカイドゥの乱はようやく収まり、モンゴル帝国の内紛はようやく終息をみることとなる。
posted by ただの中国史好き at 00:12 | Comment(3) | 元時代
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。