2011年11月23日

冒頓単于

冒頓単于 能力データ
魅力 7 / 統率力 9 / 戦闘力 8 / 政治力 5 / 知力 7

冒頓単于は秦末〜前漢前期にかけての匈奴の単于(君主)で、頭曼単于の子として生まれた。
当初は父の後継者に立てられていたが、父の後妻が男子を産んで関心がこの異母弟に向けられると、冒頓単于は邪魔者扱いされ、緊張関係にある隣接勢力の月氏の元に和平の為の人質として送られる。ところが間も無く、頭曼単于は月氏が無礼であるとの理由で戦争を仕掛ける。嫡子を差し出して月氏が油断しているところを突くことと、冒頓単于が月氏の手で殺害されるのを見越してである。しかし、この危機を悟った冒頓単于は間一髪のところで月氏の駿馬を盗み脱出に成功、父のもとに逃亡する。

自身の元に戻った冒頓単于を見込みがあると考えた頭曼単于受け入れられ私兵を与えられたが、冒頓単于はいずれ殺されると思い、クーデターを計画。紀元前209年に反乱を起こして、父、継母、異母弟及びその側近を抹殺した上で、単于に即位した。
クーデターに当たり、事前に冒頓単于は私兵を秘密裏に養成。私兵を率いて「自分が鏑矢を放ったら直ぐさま同じ方向に矢を放て」と命令。まず野の獣を射て、矢を放たないものは斬り殺した。次いで自らの愛馬に向かって射た。同じく放たないものは斬り殺す。更に自分の愛妾を射て、同じく放たないものは斬り殺した。父の愛馬を射る時には全ての部下が矢を放つようになる。こうして忠実な部下を得たうえで父が通りかかった際に鏑矢を放ち、配下の私兵も大量の矢を浴びせ、これがクーデターの端緒となった。

即位直後、東胡から使者がやってきて「頭曼様がお持ちだった千里を駆ける馬を頂きたい」と言った。冒頓単于が即位直後の若輩のため、あまく見てのことだった。冒頓単于は部下を集めて意見を聞いたが、部下達は「駿馬は遊牧民の宝です。与えるべきではありません」と言ったものの、冒頓単于は「馬は何頭もいる。隣り合う国なのに、一頭の馬を惜しむべきではない」といい、東胡へ送った。これで更にあまく見た東胡は、再度使者を送り「両国の為、冒頓様の后の中から一人を頂きたい」と言った。部下達は「東胡はふざけ過ぎています。攻め込みましょう」と言ったが、冒頓単于は「后は何人もいる。隣り合う国なのに、一人の后を惜しむべきではない」と言い、東胡へ送った。するとまた東胡から使者がやってきて、「両国の間で国境としている千余里の荒野を、東胡が占有することにしたい」と言ってきた。先の件では一致して反対した部下達も、遊牧民故に土地への執着が薄いこともあって二分され、その一方が「荒地など何の価値も有りません。与えても良いでしょう」と言った途端、冒頓単于は怒り「土地は国の根幹である!今与えても良いと言ったものは斬り捨てろ!」と言い、馬に跨り「全国民に告ぐ!遅れたものは斬る!!」と東胡へ攻め入る。一方の東胡は先の件もあって完全に油断しており、その侵攻を全く防げなかった。物は奪って人は奴隷とし、東胡王を殺し、冒頓単于は一気に東胡を滅亡させたのである。
冒頓は続けて他の部族に対しても積極的な攻勢を行い、月氏を西方に逃亡させるなど勢力範囲を大きく広げ、広大な匈奴国家を打ち立てた。

紀元前200年、40万の軍勢を率いて代を攻め、その首都馬邑で代王の韓王信を寝返らせる。前漢皇帝の高祖劉邦が歩兵32万を含む親征軍を率いて討伐に赴いたが、冒頓単于は弱兵を前方に置いて負けたふりをし後退を繰り返したので、追撃を急いだ劉邦軍の戦線が伸び、劉邦は少数の兵とともに白登山で冒頓単于に包囲された。この時、劉邦は7日間食べ物が無く窮地に陥ったが、陳平の策略により冒頓単于の夫人に賄賂を贈って脱出に成功。その後、冒頓単于は自らに有利な条件で前漢と講和した。これにより、匈奴は前漢から毎年贈られる財物により経済上の安定を得、更に韓王信や盧綰等の漢からの亡命者をその配下に加えることで勢力を拡大、北方の草原地帯に一大遊牧国家を築き上げることとなった。これに成立したての漢王朝は対抗する力を持たず、冒頓単于から侮辱的な親書を送られ、一時は開戦も辞さぬ勢いであった呂雉も周囲の諌めにより、婉曲にそれを断る内容の手紙と財物を贈らざるを得なかったという。
その後、前漢王朝が安定し国が富むに至り、武帝劉徹はこの屈辱的な状況を打破するため大規模な対匈奴戦争を開始。しばらく一進一退が続いたものの、前漢の衛青霍去病が匈奴に大勝し、結局、匈奴はより奥地へと追い払われ、その約60年続いた隆盛も終わりを告げた。
posted by ただの中国史好き at 22:29 | Comment(2) | 前漢時代
2009年02月07日

陳湯

陳湯 能力データ
魅力 6 / 統率力 8 / 戦闘力 7 / 政治力 4 / 知力 5

タラス河畔にいた匈奴の勢力が盛んな時期に西域副校尉として西域都護に着任。当時の匈奴は烏孫などの部族を圧迫するのみにとどまらず、漢の使者も殺し、勢力拡大の一途を辿っていた。
これに対して陳湯は独断で兵を動かし、西域の兵をも集合させて匈奴の郅支単于を攻め殺して西域の平穏をもたらした。がしかし、独断専行での功績に対する論功行賞は長引き、一旦関内侯に任ぜられたものの、戦利品の着服が露見して罪を問われ僻地に流罪となる。

後に前漢を倒した王莽が西域を統括する人材を臣下に諮問した際、真っ先に名前が挙げられたが亡くなった直後であった。幸か不幸か、この後、王莽の新が瞬く間に倒れて後漢時代が訪れたことを考えると、陳湯はちょうど良いタイミングで天寿を全うしたのかもしれない。
posted by ただの中国史好き at 16:10 | Comment(2) | 前漢時代
2008年12月30日

鄭吉

鄭吉 能力データ
魅力 8 / 統率力 7 / 戦闘力 7 / 政治力 5 / 知力 6

長江下流の会稽出身の鄭吉は、一兵卒から栄達して初代西域都護に着任。以後10年間の長きに渡り、匈奴相手に砂漠の戦いを繰り広げて西域諸国を守り続けた(趙充国の下で戦う)。
前60年には、匈奴の日逐王先賢択が単于に背いて漢に降る際に西域諸国5万の兵を動員し、これを無事迎えて長安に護送。
後に安遠侯に封じられた。
posted by ただの中国史好き at 13:33 | Comment(0) | 前漢時代
2008年11月24日

趙充国

趙充国 能力データ
魅力 8 / 統率力 8 / 戦闘力 7 / 政治力 7 / 知力 7

趙充国は、霍去病と同世代の弓の名手たる武将で羽林軍(近衛軍)に入り、武帝の時代に李広の部下として匈奴征討に従軍。後に宣帝即位の際、大将軍霍光と共に擁立に功があった為に営平侯に任ぜられる。
情勢判断に優れた沈着な武将で、度々匈奴を討って勇名をはせ将軍となる。将軍となった後も最前線の兵士達に地を耕せて永住の態勢で国境を固める屯田策を採り、常に最前線での情報や戦況を重んじた趙充国が発した言葉「百聞は一見に如かず」は現在も尚使われる名言として残っている。

70歳を過ぎてなお軍を率いて西羌の叛乱を鎮圧する等、この当時の前漢の軍事に関しては、ほぼ趙充国が取り仕切った。
posted by ただの中国史好き at 21:57 | Comment(0) | 前漢時代
2008年10月26日

司馬遷

司馬遷 能力データ
魅力 7 / 統率力 3 / 戦闘力 2 / 政治力 5 / 知力 7

司馬遷は、前漢、いや中国史上最高の歴史家と言っても過言ではないだろう。
夏陽(陝西省)出身で歴史書編纂を職とする家に生まれ、20歳より資料収集と見聞を高める為に諸国を探訪。後に父司馬談の後を継いで歴史書編纂の職に就くが、紀元前99年の匈奴との戦いにおいて敵の捕虜となった李陵をかばったが為に宮刑(去勢:男性のシンボルを切り落とす事)に処せられた。

潔く死ぬよりも宮刑という屈辱を耐え忍んで意欲を注ぎ込み完成させたのが我々が目に出来る「史記」。
posted by ただの中国史好き at 12:27 | Comment(2) | 前漢時代
2008年09月01日

武帝

武帝 能力データ
魅力 6 / 統率力 8 / 戦闘力 5 / 政治力 4 / 知力 6

武帝は、中国史において屈指のトク武の帝王と言えるだろう。
武官に衛青霍去病李広や李陵、趙充国、文官に司馬遷などキラ星の如き臣下を有し、劉邦が建国した大漢帝国の守衛だけには満足しきれず、朝鮮(楽浪郡はこの時に設けられた)や匈奴、西域へ外征を行った。

が、一方で黄河が氾濫して何百万人もの民が苦しんでいるのを20年以上も放置する等、武に偏った執政が目立ち、又、人材登用についても一級品の逸材である李陵や司馬遷を罪に問うたり、江充等酷史を使って無実の臣民を巫蠱の乱で殺しまくる等、特に衛皇后を失ってからは失政が続き、功罪半ばするというのが武帝の評価であろう。

「歓楽きわまって哀情多し」
と彼が詩ににうたった様に、愛した女性や太子を失った寂しい帝王の孤独が政を過たせたのかもしれない。
posted by ただの中国史好き at 00:47 | Comment(2) | 前漢時代
2008年08月15日

霍去病

霍去病 能力データ
魅力 7 / 統率力 9 / 戦闘力 7 / 政治力 3 / 知力 6

霍去病は、武帝に寵愛を受けた衛皇后の姉(衛青の姉でもある。衛青にとっては甥)、衛小児の子で幼少の頃から宮中で育ち、長じて18歳で侍中となった後も栄進し、衛青と共に対匈奴戦にあたった。
その活躍によって匈奴兵は2028名の首を失い、霍去病は武帝の寵愛を受け弱冠19歳で驃騎将軍を拝命。更に甘粛を攻めて王2名を斬殺、また匈奴の王族を壊滅にまで追い込んで30200名を斬首して匈奴王を投降させて衰退させると、衛青と共に本拠地を突いて壊滅させた。

こうした華々しい経歴の持ち主ではあるが、叔父の衛青とは違って生まれた時からの貴族であり、人に配慮をする事を知らず、負けん気が強かった。ある時、大将軍となっていた衛青を自害した李広の息子が殴った時、叔父が報復をしなかったのに憤慨し、射殺してしまうといった事もあった。

だが、それらを差し引いてもこの早成の天才が僅か24歳でこの世を去ってしまった事は前漢の大きな損失であろう。
霍去病の死を悼んだ武帝は、自身の墓である茂陵の近くに墓を作らせた。
posted by ただの中国史好き at 21:25 | Comment(0) | 前漢時代
2008年04月30日

衛青

衛青 能力データ
魅力 6 / 統率力 9 / 戦闘力 7 / 政治力 4 / 知力 5

衛青は、絶世の美女である姉の衛子夫が武帝の後宮に入り寵愛を受けた為、抜擢されて将軍となった。
がしかし単なる幸運の持ち主ではなく、将軍として統率能力に長け、各戦で活躍。紀元前128年の対匈奴戦では斬首数千、翌年の対匈奴戦でも斬首数千、獲得した家畜数十万という戦果をあげ、紀元前124年には三万の騎兵と出撃して匈奴の王10余人、男女1万5千、家畜約10万頭を得て凱旋、遂には大将軍に任ぜられた。その結果、かつての主人であった平陽公主(武帝の姉)を妻に迎える事になったのは、皮肉としか言い様がない。

衛青自身は温厚かつ慎重な人間で、不遇の李広を気の毒に思い、李広が自刎して死後、李広の息子に殴られても黙っていたという。ところがこの衛青の気持ちを知らずに幼少より大貴族として育った甥の霍去病が仕返しとばかり李広の息子を狩の際に射殺してしまい問題となるわけだが・・・・。

いずれにしても、非常に有能かつ功績も大きい人ながら、いまいち地味で人気も低いのが可哀想な人物。
posted by ただの中国史好き at 17:35 | Comment(4) | 前漢時代
2008年04月29日

李広

李広 能力データ
魅力 8 / 統率力 9 / 戦闘力 10 / 政治力 3 / 知力 5

李広は、前漢屈指の豪将で呉楚七国の乱の際も騎兵隊を率いて活躍。弓の達人で、虎だと思い射た矢が虎の形に似た石を貫いたという故事が残る程で、個人戦でも強かったが部隊を率いても無類の強さを誇った。
その後も対匈奴北方防衛の中心として、数々の武勲を立て匈奴から飛将軍と恐れられ勇名を轟かせた。
又、文帝が狩に出掛けた際、飛び出して来た虎と李広が組み合って短剣で刺し殺したのを見て、文帝に「お前は50年遅く生まれてしまった。50年早く生まれていれば、高祖に従い大諸侯になれただろう」と嘆息し言わしめた。

ところが、その後武帝の時代に入り、武帝が愛妃の衛子夫ゆかりの衛青霍去病を重用し始めると赫々たる武勲にも関わらず彼等の後塵を拝する様になり、空回りが多くなる。
紀元前119年、衛青ならびに霍去病と匈奴討伐に遠征した際、作戦を誤った事を恥じて陣中で責任を取り自害。

清廉なる性格で恩賞も部下と分かち合い、自身の蓄えはほとんど無かった為、部下は彼の為に死を恐れず戦ったという。
posted by ただの中国史好き at 23:49 | Comment(0) | 前漢時代
2008年04月14日

周亜夫

周亜夫 能力データ
魅力 5 / 統率力 8 / 戦闘力 6 / 政治力 3 / 知力 6

周亜夫は、劉邦の漢帝国樹立に功有った周勃の子で、河内郡太守から兄が罷免された後を継ぎ侯となる。
将軍として北方防衛にあたっていた際、後の文帝(劉邦の子)が陣中を訪れた時に兵士が例え皇帝といえども陣中にみだりに入る事は出来ないという軍律を固く守り、文帝を阻んで入れさせなかった事件が有り、文帝はその件で周亜夫について感心し、真の将軍であると褒めた。

その後、呉楚七国の乱が起こり漢帝国が揺らごうとした時、時の皇帝である景帝は周亜夫を将軍として派遣。周亜夫は敵が団結しない様に敵の本拠地と出撃してきた敵軍との間を分断し、補給を絶つ事によって慌てて引き返すところを撃破する戦法で、瞬く間三ヶ月で乱を平定する。

がしかし、周亜夫は大功をたてたものの景帝とうまくいかず、謀反を疑われて絶食して死ぬという悲劇的な最後を遂げる。
posted by ただの中国史好き at 06:24 | Comment(0) | 前漢時代
2006年10月02日

霍光

霍光 能力データ
魅力 8 / 統率力 5 / 戦闘力 2 / 政治力 8 / 知力 7

霍光の父である霍仲孺は衛小児という女性と密かな関係を持ち、霍去病が生まれた。その女性の妹の衛子夫が後年、漢の武帝の皇后となった為に霍去病は皇后の姉の子という事で見出され、驃騎将軍にまで昇りつめた。霍光は父が衛小児と別れた後に別の女性と結婚して生まれた子である(すなわち、霍去病の義弟)。
驃騎将軍になった霍去病は、匈奴討伐時に父を探し出し、手厚く処遇した上で、10歳だった霍光を伴って長安に帰った。
やがて霍光は順調に出世。霍去病が若くして亡くなると以後20年皇帝に仕えて天子の絶大なる信頼を得た。
紀元前87年に武帝が崩じて昭帝が後を継ぐと、武帝の遺言によって霍光は大司馬大将軍となり幼帝を補佐。万事は霍光の一存で行われる様になる。これを快く思わぬ一派によって讒言をうけるが、当時14歳の昭帝の信頼は微塵も揺るがなかった為、かえって霍光の威光は増した。
以後、昭帝の次の宣帝の信頼も絶大なもので、霍光が政治の実権を返上しようとしても、仲々受けなかった。彼の臨終の際には、皇帝と皇太后が弔問に来た程である。霍光の亡骸を納めた棺、葬式、墓は全て天子の制に倣い、執り行われた。
posted by ただの中国史好き at 21:34 | Comment(2) | 前漢時代
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。