2007年04月07日

趙襄子

趙襄子 能力データ
魅力 7 / 統率力 8 / 戦闘力 6 / 政治力 6 / 知力 7

趙襄子は、戦国時代の強国趙の創始者となった男。
春秋時代末期、大国晋は君主の力が弱体化し、重臣が力を得て四つの勢力に分かれる。それが、知伯・趙・韓・魏。このうち知伯氏が抜きん出た勢力を持ち、他の3氏の併呑を狙った。まずは韓・魏を従えて趙を狙ったが、趙の時の当主である趙襄子は家来を韓・魏両軍に派遣し、趙が滅びれは次はあなた達の番だと共同で知伯を倒す様に説得する。
韓・魏とて趙と同じ立場である事は間違いなく、遂に知伯を裏切り、趙は知伯氏によって水攻めにされていた状況を脱して一斉に攻め込み、趙襄子は知伯氏を打倒する。

こうして、知伯氏が滅びると共に大国晋は趙・韓・魏の三国に分裂して戦国時代が幕を開ける。
posted by ただの中国史好き at 18:21 | Comment(0) | 春秋時代
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。