2011年09月19日

王齕

王齕 能力データ
魅力 6 / 統率力 7 / 戦闘力 7 / 政治力 1 / 知力 4

秦の昭襄王・荘襄王に仕えた将軍で、紀元前260年に趙を討って上党を取る。趙の反撃に対して秦は内密に白起を増援させて上将軍とし、王齕をその副将とした。長平の戦いでは趙を大破、翌年には白起に代わって大将として趙の武安君を討ち、皮牢を取る。更にその翌年、趙の邯鄲攻めに苦戦する王陵に代わって王齕が大将となる。紀元前257年、邯鄲を攻めたが陥落させることが出来ず汾城郊外の秦軍と合流。その後に魏を攻めて首を斬ること6千、魏軍は敗走して黄河で2万人が溺死した。そして汾城も奪取して張唐に従い寧新中を抜く。又、韓の上党を攻めて太平郡をおいた。

魏の信陵君が五カ国連合軍を率いて秦を攻めてきた際には、蒙驁と迎え撃ったが敗北。秦軍は河内から河外(河南の地)に退却し、その軍を解散した。
posted by ただの中国史好き at 00:06 | Comment(4) | 戦国時代
この記事へのコメント
王齕-王翦-王賁-王離と4代続けて将軍を輩出したスゴすぎる家系ですね。しかもただの将軍ではなく秦王国の総司令官クラス。
あと、蒙家の方も蒙驁-蒙武-蒙恬と、これまた3代将軍の家柄。
王家と蒙家は秦の中国制覇を軍事面から支えていた車の両輪だったと言えるワケですね・・・
Posted by 李常傑 at 2011年09月25日 02:29
>李常傑さんへ

王家と蒙家は凄いですよね。
楚もこういった何代も続く名門が強いイメージがありますが。
でも秦の将軍ではやはり白起が突出して凄い・・・。
Posted by ただの中国史好き at 2011年10月01日 23:37
あと、李家もそうでしたね・・・李信〜李広〜李陵という・・・

王家については、Wikipediaで見たところ、秦末の動乱を避けて関東に一族で逃れ、子孫は太原王氏、瑯邪王氏の祖になった、との表記がありました(否定する説もあり)。

太原王氏、瑯邪王氏といえば魏晋南北朝期を通じて門閥貴族の筆頭として政治をリードした一族であり、王コツから数えると850年以上貴族として繁栄を続けたという事で、ある意味王朝を開き、帝位に就いた人達よりもスゴイのでは?
Posted by 李常傑 at 2011年10月02日 09:29
>李常傑さんへ

あ、そうですね。李家も確かに名門ですし、優秀な人間を輩出してますよね。
王家はまさに名門中の名門といったところでしょうか。目立った派手さはありませんが、渋い。
Posted by ただの中国史好き at 2011年10月03日 20:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。