2011年09月09日

李信

李信 能力データ
魅力 7 / 統率力 6 / 戦闘力 8 / 政治力 2 / 知力 3

紀元前226年、王翦と王賁は燕の太子丹が主導した荊軻による秦王政(後の始皇帝)暗殺未遂事件の報復として燕都薊を攻略、燕王喜と太子丹を遼東に敗走させた(燕の事実上の滅亡)。この際、李信は約千の兵を率いて燕軍を追撃し、太子丹を討ち取る。
紀元前225年、秦王政は楚を征服を図り、対楚戦にどれだけの兵が必要かを臣下に諮問する。李信は20万が必要だと語ったのに対し、王翦は60万が必要だと語る。秦王は王翦が耄碌したものと捉え、李信の案を採用して侵攻を命じた。李信は総兵20万を二つの部隊に分けて自身は平輿で、蒙恬は寝丘で楚軍に大勝。更に李信と蒙恬は郢周辺を攻め、再び楚軍を破る。しかし、城父で李信と蒙恬が合流した所を三日三晩追跡して来た項燕率いる楚軍に奇襲され、二箇所の塁壁を破られて七名の将校を失う大敗を喫した為に王翦と交代させられた。
尚、翌年に王翦と蒙武が60万の兵を率いて楚を攻めて楚王負芻を捕縛、楚を滅亡させた。紀元前221年には王賁と蒙恬が共に斉を攻め、これを滅ぼす。

李信の曾孫に前漢時代の名将李広がおり、その子孫に李陵がいる。五胡十六国時代に西涼を建国した李ロは李広の子孫を称し、その子孫に唐の李白がいる。
posted by ただの中国史好き at 22:34 | Comment(3) | 戦国時代
この記事へのコメント
現代では歴史学者によって否定されていますが、唐の皇室が公式に西涼李ロの子孫であると称していましたね。という事は李白は言外に自分は唐朝皇室の遠縁であると広言していたわけで、経歴詐称とか(本当は詐称していたのは唐朝皇室の方なんだけど)、皇室に対する不敬罪で罪に問われた事はなかったのでしょうか?逆に遠縁の一族という事で準皇族扱いでも受けたりしたのでしょうか?
Posted by 李常傑 at 2011年09月10日 01:56
李信が対楚戦で主将を務めた時は確かまだ20代だったと思うのですが、その後始皇帝死後農民反乱が噴出した時には全く名前が出てこないのはどういう訳でしょう?
楚との戦いに敗北した際、本来は死罪になるべきところを大金を支払って庶民に落とされただけで済んだはずですが、その直後に死んだとかでなければ章邯と共に秦の主力軍を率いて反乱軍と戦っていてもおかしくないと思うのですが・・・
Posted by 李常傑 at 2011年09月10日 02:17
>李常傑さんへ

結構謎につつまれた武将ですよね、李信は。
なので、キングダムという漫画で主人公に設定されたりと想像を働かせて融通を利かせ、物語にし易い人物だと思います。

統率力は5か6かで迷いました。。。
Posted by ただの中国史好き at 2011年09月10日 21:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。