2011年09月04日

慕容垂

慕容垂 能力データ
魅力 8 / 統率力 7 / 戦闘力 6 / 政治力 6 / 知力 6

前燕から前秦の苻堅陣営へ亡命した慕容垂は苻堅の大敗時、ひとり三万の軍団を保って健在であった。苻堅は千騎を率いて命からがら慕容垂を頼って来たが、子の慕容宝は「燕国再建のチャンスですぞ、逸してはなりません!亡命など僅かな恩ではありませんか」と父を説いた。だが、慕容垂は国士として遇してくれ、堅臣王猛が「あの男は将来の為に除くべきです」と進言した時にも「否、否」と言って慕容垂を殺さなかった苻堅の度量の広さを忘れず、「もし前秦の運命がここに極まるのなら、私は関東(函谷関以東)に政権を作り、燕を再興して見せよう」と言った。関西の地を自分の領土にしようとすると、どうしても苻堅と戦わねばならなかったからである。

ために苻堅は助かり、残兵を集めて一旦洛陽、そして長安に向かう。間もなく慕容垂は燕再興の為に苻堅と別行動をとり、後燕の世祖、帝を称して国都を華北の中山に定めた。淝水の戦いから3年後のことである。後燕は5世26年で北燕王馮跋に滅ばされるが、戦乱の時代に一人輝いた明星たる慕容垂の存在は際立っている。歿年71。
posted by ただの中国史好き at 03:02 | Comment(11) | 西晋・東晋・五胡十六国時代
この記事へのコメント
この時代においては、慕容垂は最高級の用兵家です。
常勝無敗(本当に一度も負けたことが無い)を誇った兄の慕容恪よりは落ちますが。
劉牢之や拓跋珪のような当代きっての戦上手をさんざんに打ち破ってますし。
政治面でも殖産興業や人材登用に尽力した名君ですね。
当時は、その武勇は「勇三軍に冠たり」、
用兵は「当代の韓(信)白(起)」、
政治の才は「管仲や蕭何の阿」と評されました。

後継者の器量が拓跋珪にはるかに劣っていたのが後燕の悲運でしたね。
Posted by お菓子っ子 at 2011年09月04日 10:34
文章はかなり好意的なのに評価点はあまり高くありませんね?
慕容垂は私としては五胡十六国時代を代表する名将だと思っていたので、統率力を(できれば)+3、戦闘力、政治力を+2は上げて欲しいところです・・・
枋頭の戦いで桓温を撃破した点、後燕を興した際に短期間の内に河北・山西・山東・遼西・遼東・河南を征服した手腕からも名将である事は間違いないと思うのですが。
余談ですが、ヒ(さんずいに肥)水の戦いの際、慕容垂ほどの名将が3万の軍を率いて後方に控えていたのであれば、退勢の中で東晋軍8万(本文中では6万になっていましたが諸説あるようですね)を迎撃して逆転勝利を得る事も不可能ではなかったのではないかと思いますが・・・百万もの軍勢が逃げまどう中、敵味方が入り乱れていてさすがの慕容垂もいかんともし難かったという事なのでしょうか?
Posted by 李常傑 at 2011年09月04日 11:27
単に戦意がなかったために軍を保全できたのでは?
前秦の臣には警戒されていますし、
慕容垂の配下も祖国を滅ぼした前秦に恨みを含んでいる。
こんな状況で前秦のために必死で戦って、手兵を損なう気にはなれないかと。
符堅を救ったのは忠義ではなく、一宿一飯の義理でしょうね。
Posted by お菓子っ子 at 2011年09月04日 11:36
>お菓子っ子さん

それにしても慕容垂はもっと早い段階で北魏との決戦を行う選択肢はなかったのでしょうか・・・周辺地域を平定してからでないと対峙出来ない程の難敵だという認識があったのですか?
71歳じゃあねえ・・・
Posted by 李常傑 at 2011年09月04日 23:13
>李常傑さん
前秦や西燕と比較すると、北魏の脅威も大義名分も弱かった。
ただそれだけです。
Posted by お菓子っ子 at 2011年09月05日 02:20
>お菓子っ子さんへ

政治力はちょっと厳し過ぎましたかね?
Posted by ただの中国史好き at 2011年09月06日 21:56
>李常傑さんへ

お菓子っ子さんに続き李常傑さんのコメントを見ていると、統率力と政治力は上げるべきかもしれませんね。
統率力を+1の7に、政治力を+2の4にします。

個人的には能力の高さは認めるのですが、後燕というスケール感での物差しになるかと。
Posted by ただの中国史好き at 2011年09月06日 22:13
前燕最高の名将であり、自立してからは一代で
河北と山東を制した慕容垂のスケールが小さいということは無いと思います。

この時代最高の名将であり、政治家でもある人物がこの程度なら、
三国時代や隋末唐初と比べてレベルが低い時代とお考えなのでしょうか?
Posted by お菓子っ子 at 2011年09月08日 09:25
>お菓子っ子さんへ

スケール感というのは、例えば全土を切り従えた武将、君主に比べると落ちるかなという意味です。時代の比較ではありません。
勿論、弱小国であっても能力値を高く設定している人物もいますが・・・最終はやはり主観でしょうか(汗)。
Posted by ただの中国史好き at 2011年09月09日 22:02
他の人物の評価を見るに、全国を平定した英雄ともなると得意分野には10や9が付くものですが、
それに次ぐくらいの功績がある人物の得意分野には8や7が付くのがここの基準とお見受けします。

その観点から言えば、慕容垂の統率も7で良いと思うのですが、
前燕の将軍だった時代に政治の才能を高く評価され、
君主となると自らの力量で優れた政治を行ったのに、
政治的業績に乏しい人物並みの4というのは納得しにくいです。
政治は慕容垂の得意分野ですからね。

後世の講談などで軍事に偏った人物との評価がある人物なら個性付けとして、
そういうのもありでしょうが、
慕容垂は当代切っての政戦両略の天才です。
小粒なりにも、実績を反映した能力分布であって欲しいとは思います。
Posted by お菓子っ子 at 2011年09月10日 02:33
>お菓子っ子さんへ

お菓子っ子さんの推薦は重く受け留めないとだめですね。
李常傑さんも推してらっしゃったので、政治力を2上げて6にします。
ここまで調整した人物は初めてかも。
Posted by ただの中国史好き at 2011年09月10日 21:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。