2011年08月16日

高歓

高歓 能力データ
魅力 4 / 統率力 6 / 戦闘力 6 / 政治力 4 / 知力 5

中国南北朝時代に北斉の基礎を築いた高歓だったが、自身は帝位につかずに息子の高洋が北斉を建国した後に廟号を太祖、諡号を献武帝と追贈され、後主の即位後に廟号を高祖、諡号を神武皇帝と改められた。
496年に懐朔鎮に属する貧家、高樹の子として生まれた高歓は北魏末の六鎮の乱に参加。初めは杜洛周、次いで葛栄に従ったが、降伏して奚族の爾朱部の長である爾朱栄に身を寄せ、晋州刺史に昇った。その爾朱栄が孝荘帝に殺害されると、信都を拠点に自立。爾朱一族の内紛に乗じて山西を奪い、洛陽に攻め入って爾朱栄の甥の爾朱兆を初めとする爾朱一門を捕らえてこれを処刑。かつては威勢を誇った奚族の爾朱部は滅びた。
洛陽を奪った高歓は平陽王元修を孝武帝として擁立し、自らは大丞相を称して北魏の実権を掌握。高歓の権勢に対抗すべく孝武帝は賀抜岳を用いて高歓への牽制を模索するが、この動きに対して賀抜岳を殺害、孝武帝が長安の宇文泰の元へ逃亡する事態が発生する。同年、高歓は孝静帝を鄴で擁立し、東魏を建て専権を掌握。孝武帝を擁する宇文泰と対立したが、河東奪回の戦役の中、52歳で没した。
posted by ただの中国史好き at 14:48 | Comment(5) | 南北朝時代
この記事へのコメント
・・・このブログを拝見させていただいて最大のシヨックです・・・高歓の評価がこれほど低いとは・・・私の主観では全ての項目で+3、少なくとも+2.5くらいかと思っていましたが・・・つまり曹操に準ずるレベルかと・・・主観の違いってすごいな・・・私が高歓について何か思い違いをしていたらお教えを乞いたいと思います・・・
Posted by 李常傑 at 2011年08月18日 00:27
>李常傑さんへ

逆に何故それほどまでに高評価をつける要素があるのか、教えていただければ幸いです。。。
宇文泰と互角程度かと…。
Posted by ただの中国史好き at 2011年08月19日 00:53
私からすると能力数値が10段階なので平均レベルを5とすると、徒手空拳から天下の一翼を担う英雄となった人物はだいたいどの項目も7,8,9点位はつけたくなってしまいます。しかし、そうするとこの「中国歴史人物評」に取り上げられた人物はほとんど似通った点数になってしまい、個性が際立たなくなってしまうので、平均レベルを3と仮定すると6点位でもまあ優れたうちに入るので、そういう設定なのだと一人合点して見るようにします。高澄のところで「誰かこの時代の小説を書いて欲しい」と書きましたが、高歓・宇文泰・梁武帝の能力評価がただの中国史好きさんの見方が一般的だとすれば、誰も書かないのも納得出来ます。その程度の人物たちなら小説的魅力もないですからね。
Posted by 李常傑 at 2011年08月21日 00:36
>李常傑さんへ

この時代、面白いと思いますよ。
高歓・宇文泰・梁武帝は特に突出した人間だと思ってないのですが、配下にタレントが揃ってます。
(何名か既に取り上げてますが)

各陣営の面子を揃えてみると、歴史小説としては面白いものになるのではないかと。
Posted by ただの中国史好き at 2011年08月21日 00:45
以前「納得しました」と言いましたが、しつこく再コメントします。
辺境の地で生まれ貧困より身を起こし、一兵卒から叩き上げ、ついには華北の東半分を切り従えた人物が能力が突出していない訳が無いという思いがどうしても抜けません。豊臣秀吉と同じく、人間的魅力とある種の政治力、知力が高くなければ階級社会の上位ヒエラルキーに上りつめるのは不可能なのでは?
名将?猛将?の爾朱栄のもとで右腕として六鎮の乱の鎮圧に力を発揮しているところからも将としての能力も十分有るだろうと思えますし、爾朱栄誅殺後、山東大貴族層の渤海高氏・清河崔氏などからの支持・協力を得ている点からも政治力も十分有する英傑だと思っています。
反乱軍に身を投じ、仕える主を転々と変える度に出世?を遂げていく姿は曹操というよりは唐をほろぼした後梁の朱全忠を彷彿とさせるかもしれませんね。
高歓のライバル宇文泰も人口比率が東魏と西魏で2.5:1と圧倒的劣勢な国力をある種の国民皆兵制である府兵制を導入し配下の将達の力を結集して何度か高歓を大破した優秀な国家指導者であると思えます。

改めて持論を述べたかっただけです。能力数値を変えろとかではありません。古い話題をほじくり返して申し訳ありません。
Posted by 李常傑 at 2013年01月13日 08:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。