2011年08月15日

裴行倹

裴行倹 能力データ
魅力 6 / 統率力 6 / 戦闘力 5 / 政治力 5 / 知力 7

少年の頃、蘇定方に見込まれて軍事知識を全て伝授された弟子で、則天武后の時代に活躍。
女帝が権勢をふるっている時にそれを批判する文書を出して則天武后に追放され、西域に行く。それまでは文官として活動していたが、これを契機に蘇定方から教わった兵法を活かして活躍。この頃はチベットの勢力が強大になり唐軍と度々衝突していたので、チベット軍と戦ったり突厥の残党を討伐したりして武勲をあげる。
又、西方で最盛期を誇っていたイスラム帝国に滅ぼされたササン朝ペルシャ帝国の王子が聖火を持って命からがら砂漠を渡り、天山山脈を越えて唐に亡命して来たのを裴行倹は出撃して突厥軍を撃破し救助。長安に送り届ける功績をあげた。
posted by ただの中国史好き at 22:34 | Comment(0) | 唐時代
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。