2006年07月16日

桓公

桓公 能力データ
魅力 8 / 統率力 7 / 戦闘力 5 / 政治力 8 / 知力 8

権力が低下した周王朝に代わり、諸侯の秩序を保つ存在として出現んした覇者、それが春秋五覇(春秋時代に出現した5人の覇者)の筆頭に挙げられる桓公である。桓公は父が君主の時に太子ではなく、長兄の諸児(襄公)が後を継いだものの実の妹と肉体関係を持ったり、信賞必罰でない等、無道・非道な為に斉には不穏な空気流れていた。これを悟って桓公と次兄の糾は国外へ逃亡。やがて襄公が臣下に殺害されると後継者となるべく二人は斉への帰国を急いだ。途中で管仲に妨害されるものの機転を利かして先に斉都へ着き、桓公が後を継ぐ。ところが、信頼する鮑叔牙が管仲の大才を推した為に宰相として登用。器の大きさを見せた。
以後、桓公は管仲の補佐も有って富国強兵に専念し、一気に斉を最強の国にした。その信義が諸侯の信頼を呼び、即位7年目に覇者となった。
posted by ただの中国史好き at 17:45 | Comment(4) | 春秋時代
この記事へのコメント
こんばんわ ブログ拝見させてもらいました。又来ます。
Posted by mizuho at 2006年07月17日 12:39
mizuhoさん、初めまして。

またお暇な時にでもお立ち寄り下さい。

ご訪問ありがとうございました。
Posted by ただの中国史好き at 2006年07月17日 21:55
管仲の死後には極端な寵臣政治を行い、自身の死後には後継者問題で(桓公の葬儀そっちのけで)国がゴタゴタしたので、統率力・政治力・知力3つの内どれか2つを-1にしてはどうでしょう?
斉の国力が極端に衰えたわけではないからこのままで、という考え方もありますけどね。
Posted by 李常傑 at 2011年09月10日 22:45
>李常傑さんへ

春秋五覇として、やはり桓公の存在感はデカイです。
管仲は桓公なくしては世に羽ばたく機会を得なかったでしょう。逆に管仲を失い、共に羽ばたける相手を失い、空虚になったのかもしれませんね。管仲程の人物を喪失した時の覇者の空しさは計りしれません。
Posted by ただの中国史好き at 2011年09月11日 23:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。