2010年12月28日

李勣

李勣 能力データ
魅力 7 / 統率力 9 / 戦闘力 5 / 政治力 5 / 知力 9

李勣(本名:徐世勣)は李靖と並ぶ唐の二大軍師。十代で叛乱軍の軍師となり、二十代で唐の軍師となった。
17歳の時から煬帝の圧政に反抗し叛乱軍を組織、翟譲をボスに推して自身が実権を握って瓦崗寨(水滸伝の梁山泊と並ぶアウトローの別天地)に立て籠もり、隋最後の名将張須陀を戦死させるなど次々に隋軍を打ち破っていった。
この時、実際に作戦立案し指導した李密が翟譲を謀殺、洛陽の近くに本拠地を移して魏を立国し魏公となるが、王世充に一戦で破れた為に魏の将軍達が大挙して唐の李淵に降伏する中、李勣は自身の軍を率いて城に立て籠もる。李淵が降伏し唐に仕えるよう言ってくると、自身は李密と折り合いが悪いが李密の部下であり、李密を通してでなければ帰順出来ないと言って感心させる。そして619年、26歳の時に唐に降る。唐では彼を厚遇して国姓である李を与え、李世勣と名乗らせるが後に太宗李世民を避諱して李勣と改めた。

その後、王世充など群雄討伐に尽力。李世民即位後は対外民族との戦いに参加し、630年には李靖と突厥討伐で活躍、太宗死後の645年には百済を滅ぼした後に70年に渡って唐以前から中国東側国境を脅かしてきた高句麗を滅ぼす大殊勲をあげる。この時、李勣75歳。
太宗の後継者問題や高宗と則天武后の結婚を暗に容認するなど、宮廷内の権力争いに無関心であった。
posted by ただの中国史好き at 05:58 | Comment(4) | 唐時代
この記事へのコメント
宮廷内の争いに無関心だったというよりは、保身のために無関心を装ったのだと思います。
後継者問題はいち皇室内の私事では済まされず、国家の行く末を左右する一大事ですから三国の陸遜のように、宰相まで務めたのなら普通は皇帝の不興を買ってでも己の信じる正論を述べるはずです。ただその結果、左遷されたり果ては殺されたりする例は、歴史上枚挙にいとまがありません。
李勣としては戦場で果てるならまだしも、宮廷内のゴタゴタに巻き込まれて死んでは晩節を汚すとの思いから丸投げされた問題を逆に投げ返したのでは。
名将である事は疑う余地もありません。中国史上でもベスト5には入ると思いますが。
Posted by 李常傑 at 2011年09月05日 19:15
>李常傑さんへ

命を賭して諫言すべき価値があるか否かは、やはり君主の器量次第でしょうね。
Posted by ただの中国史好き at 2011年09月09日 21:49
評価材料になるかどうかはわかりませんが、
李勣は私欲がなくて慈悲深く、私財を傾けて多くの人を救済し、
賞賜もすべて将兵に分け与え、身分の低い人とも気さくに交際し、
多くの有能な人材を抜擢しました。
唐初では随一の人格者です。

ただ、彼の生き方から察するに、その志は天下の安寧と民衆の救済にあったため、
それに影響しなければ、唐の皇室のことなど、
命を賭けて諫争する価値はないと考えていたように思われます。
Posted by お菓子っ子 at 2011年09月10日 03:15
>お菓子っ子さんへ

その通りかもしれません。
彼のプライオリティの一番上には天下泰平・安定があったのでしょう。
Posted by ただの中国史好き at 2011年09月10日 21:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。