2010年11月23日

羅士信

羅士信 能力データ
魅力 6 / 統率力 6 / 戦闘力 8 / 政治力 2 / 知力 4

張須陀が義勇軍を募った時、14歳の少年が応募して来た。張須陀が「君の身体に合うような鎧は無いから帰りなさい。」と言うと、羅士信というその少年は憤然としてその場で大人用の鎧を二重に着込んですっくと立って見せる。流石の張須陀も笑って「分かった。君に私の馬をやろう。」と言ってそれ以降連れて歩くようになったという。ちなみにその時、二つの鎧を重ね着した状態で濰水の上で奮戦し、数人の敵を刺して一人の首を空中に飛ばして敵をひるませた。
以後も羅士信は秦叔宝と共にいくつもの戦いで活躍、張須陀が李密の計にかかって死ぬと魏に仕え、秦叔宝、単雄信、王伯當、程知節とならぶ武将となるが、唐に敗れた際に唐に帰順。20歳の時、敵に捕らえられて降伏を勧められるが断って処刑され、短い生涯を閉じた。
posted by ただの中国史好き at 21:55 | Comment(0) | 唐時代
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。