2010年10月24日

張須陀

張須陀 能力データ
魅力 8 / 統率力 8 / 戦闘力 7 / 政治力 6 / 知力 6

張須陀は50歳位迄あまり出世も出来ずに地方の役人をしていたが(州の太守にもなれなかった)、ある年に飢饉が発生して民衆に餓死者が増えてきた時、皇帝の許可無しには開けない官庫を独断で開けて米を民衆に配り餓死者がそれ以上増えるのを防いだ。そもそも皇帝の許可を得る為には都に使者を送らねばならず、往復で十日程も掛かってしまうのだ。
ところが、独断で官庫を開いたことはやはり罪であり弾劾されるが、煬帝はよくやったと誉めて張須陀を許したという。非常な暴君のイメージが強い煬帝だが、こうした態度を見るとあながち単なる暴君ではなかったのではないかと思われる。

その後、国中が大叛乱に巻き込まれると太守となって秦叔宝羅士信などを従え、各地の叛乱軍を次々と打ち破る。張須陀が天下の中央部にいて四方の叛乱軍を打ち破っていた為、隋は統一を何とか続けることが出来たと言っても過言ではない。だが、それが為に隋に反抗する勢力からは目の敵とされ、李密の計略にかかって戦死。張須陀は自軍が叛乱軍に包囲された時、自身は脱出したものの兵士達が包囲されたままなので救出しては包囲網を突破して脱出、また救出に戻っては脱出を繰り返してほぼ全員助けだしたところで力尽きて死んでしまい、部下の兵士達は皆涙を流したという。
張須陀の死後、叛乱軍は隋の中央部を占領。煬帝は南方に逃避して隋は天下統一国家でなくなった。張須陀の死により、天下統一国家隋も終わったのである。
posted by ただの中国史好き at 00:07 | Comment(2) | 隋時代
この記事へのコメント
秦叔宝や羅士信を配下として心服させる程の人物が50過ぎまで出世らしい出世も出来ず、地方に燻ぶっていたというのは、人の能力を見抜く事の難しさ、他人の能力を正しく評価出来る力量のある人がいかに少ないかを示すエピソードといえるのかもしれません。
あるいは、平時では平凡な能力しか発揮出来ないが、乱世では非凡な能力を発揮する人物、またその逆に平時では非凡、乱世では無為無策の人、というのが存在し、時に応じ人材を使い分けるのが君主の能力・力量ということなのでしょうか?
重囲に陥った兵士を何度も囲みを突破して救い出すエピソードは三国志の曹仁・張遼にも出てくる話しで、兵卒の心を掴んだ名将のエピソードとして史家の中でパターン化されたモノなのでは?と、ちょっと疑ってみたい気も・・・
Posted by 李常傑 at 2011年10月01日 22:25
>李常傑さんへ

自ら才気を放つ人間と、見出だされ環境が整ってそうなる人間とがいるのでしょうね。
配下も優れていたのは間違いないでしょうが、張須陀自身も優れた将であったのは間違いないでしょうね。
Posted by ただの中国史好き at 2011年10月03日 00:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。