2006年04月17日

岳飛

岳飛 能力データ
魅力 9 / 統率力 9 / 戦闘力 7 / 政治力 1 / 知力 5

貧農出身ながら北宋末期に募兵に応じて一兵卒となり、以降岳飛は持ち前の統率力で瞬く間に将となる。
宋は金の侵攻になすすべ無く防戦一方だった中、岳飛の連戦連勝の活躍に高宗皇帝自ら「精忠岳飛」と手書した旗を与えた程。
岳飛は韓世忠とともに度々金を破り、逆に攻め上がろうとするが、和平論者の秦檜によって妨げられる。金の名将宗弼も岳飛だけは大いに恐れ、秦檜を脅して岳飛を投獄させる。
尋問の時、岳飛の背中には「尽忠報国」の四文字が彫られていたが、後に毒殺される。南宋がこの後、滅亡への道をひた走った事は言うまでも無い。

中国が誇る史上最高のヒーロー。
posted by ただの中国史好き at 13:05 | Comment(6) | 宋・遼・金時代
この記事へのコメント
中国史上最も過大評価されてる人物のように思います。ナンバー2は諸葛亮かな。
Posted by 遠藤 at 2010年01月24日 10:55
>遠藤さんへ

ある種、そうかもしれませんね。
ただ、中国では人気があるのも事実ですし、そういう意味ではやはりナショナルヒーローではあるのだろうと思います。

中国で売っているトランプのジョーカー(最強の札)は岳飛ですね。諸葛亮はダイヤの7ですが(苦笑)。
Posted by ただの中国史好き at 2010年01月24日 22:22
宋史は読んだことないのですが、知力はその程度だったんですか?
名将であり勇将であり知将みたいな勝手にイメージしてました(笑)
Posted by 岳家軍統制 at 2011年03月01日 07:06
>岳家軍統制さんへ

やはり秦檜にやられる時点で知力は並以下かと(苦笑)。
Posted by ただの中国史好き at 2011年03月09日 22:58
まずは本文「南宋末期に・・・」は「北宋末期」のミスですね。
「知力が低い」という話題になっていますが、岳飛の知力が平均以下だったとは思いません(むしろ+2位上げてもいいのでは、と思っています)。
岳飛のように己の信念や行動の正しさを絶対的に信じて露ほども疑う事のない人間にとって秦檜がなぜ自分を陥れようとするのかは想像すら出来なかったのでしょう。つまり岳飛の知力は戦場でしか発揮される事のない種類のもので、政治力1という評価は言いえて妙だと思います。 
あと、岳飛のライバルとして宗弼は取り上げてほしいです。そのほかに
曹彬・冦準・王安石・耶律阿保機・完顔阿骨打・李元昊もただの中国史好きさんの評価が気になるところです。
Posted by 李常傑 at 2011年08月29日 23:28
>李常傑さんへ

あ、ご指摘ありがとうございます。北宋末期の間違いですね。。。
岳飛を陥れた人の能力を上げたので、彼の知力も+1します。
リストアップいただいた人物はいずれも取り上げねばならない主力どころですね。
Posted by ただの中国史好き at 2011年08月30日 23:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。