2010年07月25日

楊堅

楊堅 能力データ
魅力 8 / 統率力 6 / 戦闘力 4 / 政治力 10 / 知力 8

西暦589年、約270年ぶりに天下は楊堅によって統一される。
隋の文帝楊堅は恐らく西晋の武帝司馬炎と並んで比較的容易に天下統一を果たした人物であろう。
ただ、天下統一後に政治家としての手腕を大いに発揮し、戦乱で荒れ果てた天下を安定させる。補佐する左右の軍師に高熲楊素という宰相・将軍いずれとしても有能な人物を有し、実際に約10年という期間であっという間に隋は史上最も富み栄えた国となったことから考えても余程政治家として有能な人間であったと思われる。

均田法の実施、塩・酒税の廃止、貨幣制度を統一し、国民の賦役を減らした。又、礼敬を振興、旧来の陋習を改めて制度の改革を図った。後に清末まで続く科挙も隋の文帝楊堅が有能な官吏の採用を促進する為に才能本位での官僚登用に改めたことに始まる。
posted by ただの中国史好き at 00:28 | Comment(6) | 隋時代
この記事へのコメント
いつも興味深く拝見させて頂いております。
初コメントがこんなんで、本当に申し訳ありませんが…

「楊」堅

では?
Posted by SA-GA at 2010年07月25日 22:33
>SA-GAさんへ

ご指摘まことにありがとうございます!
その通り「楊」が正解で誤変換のままアップしておりました。
これからも宜しくお願い致します。
Posted by ただの中国史好き at 2010年08月01日 22:39
こちらこそ、差し出がましい事を申し、失礼致しました。

これからも楽しみにしています!
Posted by SA-GA at 2010年08月02日 19:18
※このご連絡は、NTTコミュニケーションズが運営する
“My”アフィリエイトの広告プログラムをご紹介する目的で行っております※
突然のご連絡失礼いたします。“My”アフィリエイト スカウト事務局の松嶋と申します。
現在、大手企業様のプロモーションにご協力いただきたい優良なサイト様に個別にお声掛けさせていただく活動をしております。
サイトを拝見いたしまして、歴史に関して、色々と興味深い話題を書いていらっしゃると感じ、
ご連絡をさせていただきました。
ご協力いただきますと特典もございます。詳細をご確認後にご判断いただいて構いませんので、
ご興味がございましたらご連絡をお願いいたします。

▼詳細メール申込フォーム  http://www.affiliate.ntt.com/topics/scout/
※必須入力項目:エントリーコード『156』 、サイトURL『http://china-biography.seesaa.net/

ご返信にて詳細をご案内させていただきます。
この度のご連絡で不快な思いをされた方には誠に申し訳ございません。
Posted by “My”アフィリエイトスカウト事務局 at 2010年09月02日 18:34
北周末の人口:2,000万、陳降伏時の人口200万、併せて2,200万人だったのが隋文帝末期には3,900万人にまで増加しているので、ここからも隋文帝の政治・行政能力が極めて高かった事が証明されると思います。(数値に間違いがあったら指摘してくださいね)
ただ、個人的には隋文帝の統治は北周という国家の政治・行政・軍事の制度設計とその運用の確かさが築いた盤石の土台があってこそ成しえたと思っています。

何が言いたいかというと、制度設計をした実質的北周初代の宇文泰の能力が高かった、そのライバルの高歓も能力をもっと評価してもいいのではないか、という事なんですけど(笑)。ただ言ってみただけです。無視して下さい。
Posted by 李常傑 at 2011年09月04日 15:20
>李常傑さんへ

楊堅の能力が高かったことは間違いないでしょうが、言われるようにそのベースを構築した人物達も並みの能力ではないですよね。
想いは伝わりました(笑)
Posted by ただの中国史好き at 2011年09月05日 20:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。