2010年05月02日

檀石槐

檀石槐 能力データ
魅力 7 / 統率力 8 / 戦闘力 7 / 政治力 5 / 知力 6

後漢末期、中国北方の騎馬民族である鮮卑族に檀石槐が誕生した。
桓帝の時代、父の投鹿侯が南匈奴に三年間従軍している間に、妻は男子を産む。従軍から帰って来た投鹿侯は妻が別の男と交わって産んだ子ではないかと疑い、妻と離別。妻はその男子を実家の部族で養育することにした。この男子は檀石槐と名付けられ、その勇敢さと統率力を後に発揮することとなる。
檀石槐が14〜15歳の頃、別部族の大人である卜賁邑が彼の生母の部族を夜襲し、その牛や羊を略奪した。激怒した檀石槐は単騎で卜賁邑を追撃し、母の部族の牛や羊を取り返したという。檀石槐の出す命令や禁令、裁きは公平だったため、やがて彼は大人(たいじん:部族長)に推戴され、東西の部族大人たちが彼のもとに帰順してきた。その兵馬は強盛で、南は漢の国境地帯で略奪をはたらき、北は丁零の南下を阻み、東は扶余を撃退し、西は烏孫に攻撃をかけた。その領域はかつての匈奴の版図に匹敵し、東西14000余里、南北7000余里にわたって山・川水沢・鹽池などを手中に収めた。

これに対して後漢朝廷は遣使に印綬を持たせて檀石槐を王に封じ、鮮卑と和親をはかろうとしたものの、檀石槐はこれを拒否。侵入略奪はますます激しくなった。檀石槐は自らの領有する土地を東・中・西の三部に分け、各大人を置いて統領させた。
霊帝の時代になると、鮮卑は幽州・へい州・涼州の3州で盛んに略奪をおこない、国境地帯の諸郡は鮮卑から酷い損害を受けない年はなかった。熹平6年(177年)夏、鮮卑は三辺を寇掠。そこで後漢朝廷は護烏丸校尉の夏育、破鮮卑中郎将の田晏、使匈奴中郎将の臧旻を派遣し、南匈奴の屠特若尸逐就単于の軍とともに雁門塞から長城の外に出ると、三つに分かれて進み、2千余里を突っ切って遠征を行う。檀石槐は配下の部族を指揮して、これを迎え撃ち撃破。後漢軍で無事に帰還できた兵馬は10分の1にすぎなかったという。

こうして鮮卑は隆盛を極めて人口が急増。農耕・牧畜・狩猟だけでは、食糧を十分に供給することができなくなったので、檀石槐は魚捕りが巧みな倭人の国を撃って烏侯秦水のほとりに移住させ、魚獲りに従事させて食料難を解決したという。
檀石槐が45歳で死ぬと息子の和連が代わって立つが、檀石槐の死後それまで選挙制だった鮮卑が世襲制となり、勢力は衰える。
posted by ただの中国史好き at 15:30 | Comment(0) | 後漢時代
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。