2010年04月18日

曹景宗

曹景宗 能力データ
魅力 8 / 統率力 7 / 戦闘力 8 / 政治力 2 / 知力 6

曹景宗は少年の頃から弓の名人で、ある時に友人達と江南の山地へ狩に出掛けたところ、鹿の群れを見付けた。射ようとしたところ、鹿の群れが駆けて来て、こちらの馬の群れと一緒になった為に鹿を射ようとすると馬に当たってしまう状況になったが、曹景宗は次々と矢を放ってことごとく鹿に当てたという。
長ずると、酔って武帝(蕭衍)に喧嘩を吹っかけたり、武帝が文人達と詩作の会を開いていたところに自分も一枚加えてくれと言い、文人達から「あんたに詩なんかつくれるのか?」と言われたものの見事な詩をつくって皆を驚かせた。又、一方で女好きで屋敷の中に何百人もの美女を抱え、これこそ人生の楽しみだと言っていた。

この曹景宗が韋叡を尊敬して何でもその言うことを聞いた為、梁最大の危機であった北魏軍との鍾離の戦いでは、梁軍20万が知将と勇将により手足の如く動き勝利をもたらした。
posted by ただの中国史好き at 15:30 | Comment(0) | 南北朝時代
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。