2010年03月22日

王猛

王猛 能力データ
魅力 7 / 統率力 7 / 戦闘力 4 / 政治力 9 / 知力 7

王猛は東晋の重臣であった桓温から見込まれたが、桓温が来た際に自分の服についた虱をつぶしながら応対して部下になることを断った。
貧しい家の出であったが学問に通じ、結局北方へ行って符堅に仕えて宰相として厳正な政治を行い、自分自身でも軍を率いて戦い勝利するなど前秦建国に功があった。前秦の首都長安から天下に通じる道路を整備して全部並木道にし、交通の便や治安が非常に向上。王猛は地方政権の宰相としては諸葛亮と並び称されるほど中国では有名で、五胡十六国時代最高の政治家と呼ばれる。

死に臨み、東晋制圧を考えてはならぬという遺言を符堅に遺したが、それも空しく符堅は東晋征討の軍をおこしてひ水の戦いで破れ、国家瓦解を招いた。
posted by ただの中国史好き at 23:11 | Comment(2) | 西晋・東晋・五胡十六国時代
この記事へのコメント
将となっては進軍するところ、敵軍どころか跳梁跋扈していた盗賊まで逃げ出してたちどころに前燕を定め、
宰相となっては公平な人事と法の適用、民衆の教化、殖産興業、軍政整備において優れた力量を示して、
五胡十六国時代において軍事と政治両面で最高級の力量を見せた王猛ならば、
統率力と政治力と知力に加点があっても良いのではと思います。
Posted by お菓子っ子 at 2011年08月02日 11:43
>お菓子っ子さんへ

そうですね。
統率力を6→7へ、政治力を8→9へUPさせます。
Posted by ただの中国史好き at 2011年08月15日 23:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。