2009年11月21日

関羽

関羽 能力データ
魅力 8 / 統率力 8 / 戦闘力 9 / 政治力 3 / 知力 5

漢の末裔を称した劉備の挙兵当初から張飛と共に義兄弟の契りを結んで仕え、以降、忠義と豪勇比類無き武将として名を馳せた。字は雲長。見事な顎鬚をたくわえ美髯公とも呼ばれた。
献帝を擁した曹操が河北の実力者たる袁紹と覇権を賭けて争った際は、当時呂布戦に敗れ袁紹の下に敗走した劉備の為に捕虜となり曹操によって偏将軍に任ぜられており、曹操配下として出陣。顔良、文醜という袁紹軍の双璧たる猛将を立て続けに斬り、恩を返してから曹操の下を去った。

やがて劉備が関中王となると関羽は前将軍に任ぜられ、彼の単なる武将としての強さだけではなく、用兵力も合わせた強さで威名は天下に轟く。宛では侯音が曹操に対して反乱し関羽と手を結ぶが、曹仁によって陥落させられ斬られる。これに対して息子の関平、都督の趙累らを率いて水陸両軍で曹仁が守る樊城を攻撃。曹仁の援軍に七軍を率いる于禁が駆けつけるが、折からの悪天候により大洪水が起こったこともあって関羽船団は3万の兵を降伏させ、ほう徳を斬った。この時、荊州刺史の胡修、南郷太守の傅方等が関羽に降伏。関羽は樊城を完全に包囲すると共に襄陽をも包囲。更に曹操領内の群盗を扇動して一斉に蜂起させる。遂には丞相掾の魏諷までもが関羽に通じて反逆を起こし、中原は震撼。曹操は狼狽し遷都まで考えるほどであった。

だが、関羽は息子の嫁にと孫権が娘の婚姻を申し込んできたのを断り、孫権を怒らせた。これを見逃さなかった司馬懿等の献言を容れた曹操は孫権と同盟を結び、曹仁の救援に徐晃を派遣。ここに至って関羽は逆に曹操、孫権両軍から挟撃される形となり、元々部下の兵には優しく尊敬されていたものの、士大夫を見下し傲慢であったことが災いして退却を余儀なくされ、その途中で捕縛。子の関平と共に呂蒙に斬られた。
関羽の首級は孫権の使者によって曹操の下へ送られ、曹操によって諸侯の礼をもって葬られる。関羽を殺された劉備は激怒し、222年に呉へ報復の兵を発するが夷陵の戦いで大敗を喫し再起不能となった。

その後、忠義一徹で勇武な関羽は民衆の心をとらえ、三国志演義によって人気が高まり時代をおうごとに信仰が広まる。又、歴代の王朝がこの関羽人気を利用した他、出身地である山西省の商人が明の時代に全国的に活躍した為、商業の神様として変質しつつ全国に拡大した。それが今日なお残っている関帝廟の由縁である。
posted by ただの中国史好き at 22:56 | Comment(3) | 三国時代
この記事へのコメント
でも凄まじいですよね(笑)

関羽が生きている間は「万人之敵」と評され、死後は。

五胡十六国〜唐 名将、猛将の代名詞
宋〜明     三国志演義の爆発的人気により民衆の人気者
清〜現代    国家認定の護国神

ですからね、とてつもない魅力?ですよね

あまりこういうことは言いたくないのですが、本物の関羽はあまり褒められた性格をしていませんからね (汗)大したものです。
Posted by 肉 at 2011年09月04日 23:04
>肉さんへ

そうですね。代々関羽につけられた神名がまた物々しくて凄いです(笑)。
Posted by ただの中国史好き at 2011年09月06日 21:50
関羽の死とそれに伴う荊州失陥は諸葛亮の「三国鼎立構想」が破綻した瞬間であり、劉備による「夷陵の大敗」での大量の人材喪失へと繋がっていった事を思えば、非常に大きな転換点でしたね。

関羽の単独北伐は漢中攻略戦での張飛・馬超・黄忠・趙雲ら”格下”と見ていた連中が武勲や声望を勝ち取った事に対し、自らの将としての優越性を天下に示さんとして起こした、極めて私的心情に基づく行動だったというのは穿ちすぎでしょうか?

漢中王となった劉備は仮節を授ける事で関羽が別格である事を示し、彼の自尊心を満足させようとしたのだと思いますが、関羽の自尊心は劉備が思っていたよりもはるかに高かったと言う事でしょうか・・・

Posted by 李常傑 at 2013年01月22日 23:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。